ゲームの感想書いてます
2016年07月29日 (金) | Edit |
クリアした乙女ゲーのことでもつらつら書く。


AMNESIA V Edition

PSP版以来のプレイです。
やっぱりアムネシアは面白いですね〜。
攻略キャラたちの服装はどうかと思うけどね(
トーマみたいなお兄ちゃんキャラ好きです。
たとえ檻にいれられたって手錠かけられたって睡眠薬盛られたって許す(
アムネシアはとにかく主人公ちゃんが可愛いんですよね〜。
ビジュアル的に好きな乙女ゲー主人公TOP5には入る。
LATER×CROWDも購入済みなので近いうちにやるつもり。
LATERは甘々だしCROWDの方はPSP版やってないので楽しみ。


越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~

PC版→PSP版→vitaと移植してる作品。私はvitaで初プレイです。
もともと買うつもりではあったのですが、体験版をなんとなくやったらハマってしまい発売日楽しみにしてました。
どのくらいハマったかというとvita版待ちきれなくてPC版買おうかと悩んだレベル。
ナランとスレンがお気に入り。
ナランが可愛かったー!最近年下キャラに萌えること少なくなってたのですがかなり萌えました。
まぁナァラとナランは同年齢でしたがw
スレンは体験版の時点ではなんだこの態度でかいやつは、小者か?と偏見持ってましたがイイ男だった…。
人気投票1位なのにも頷けます。
主人公ナァラは敵国に攫われて友人の身代わりになるためトーヤ、スレン、ノールの3人にそれぞれ嫌悪感を持ったまま娶られます。恋愛過程が丁寧に描かれており、かなり甘いです。かなりニヤニヤできました、ごちそうさまでした。
それにしても主人公ナァラちゃんは強いし芯のあるしっかりした子で好感持てました。
そういえば、このゲームの感想を見ると文鎮文鎮言われててなぜ文鎮?と思いましたがプレイしてわかりましたw
あれは酷いw18禁版だと文鎮プレイあったりするのかが気になりますw



絶対階級学園
とある事情で絶対的階級制度に基づく「身分差別」に支配された学園に入学することになる主人公ネリ。
特権階級「咲き誇る薔薇」平民階級「名もなきミツバチ」奴隷階級「捨て置かれた石ころ」の3つの階級があり、ネリはミツバチ階級からスタート。
物語を進めていくと薔薇階級か石ころ階級に移動します。
階級によって主人公の振る舞いや、攻略キャラ・友達の反応が変化。
いやぁ、ほんと心にグサグサくるゲームでしたね。
1番初めに出てくるCGが土下座だしね。かなりえぐい。心が休まる時がありませんでしたねw
vita版は表現が緩和されてるということで元のPC版はどうだったのか気になります。
石ころルートが真相に繋がる正規ルートなので薔薇ルートはおまけみたいなものですがきつかったですね…。
石ころルートのネリちゃんは階級制度に屈せず頑張る良い子なのですが、薔薇ルートだと性格変わりすぎぃ…特にレイの薔薇ルートで釣り合うために自分を嘘で塗り固めていく彼女は痛々しくてつらかった…。
階級ごとに仲良くなる友達が変わるのですが薔薇階級の三宮さん全然好きになれなかったよ。

伏線が散りばめており真相が気になって一気にプレイしてしまいました。
あれこれ推察するの楽しかったです。
攻略キャラはハルくん推しです。
不満点は真相ルートはほぼ金太郎飴なのでそれがちょっとしんどかったこととデフォ呼びがないことかな。
でも不満なのはそれぐらいで大満足の作品でした!
OPもEDも好き!EDの曲はクリアした感強くて凄く好き。
今年やった乙女ゲーの中では今のところ1番楽しかった。
CGが本当に美しくスクショ撮りまくりました。サントラも買おうか検討中。

三国恋戦記も凄くハマって大好きな作品だしDaisy2さんのゲームにはこれからも期待してます!
新作の『三国恋戦記 魁』も楽しみです!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック