ゲームの感想書いてます
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年03月08日 (火) | Edit |
★できない私が、くり返す。★
最初に言っておきたいことは霜月はるかさんが歌う主題歌の「Re:Call」は素晴らしいということ。
ゲームやるつもりがない方もぜひ聴いてみてください。本当に良い曲です。


ゆめルート
クソシナリオすぎてひどかったことしか覚えてない。レズェ…(
美羽とかいう不快キャラいらない。
要約すると美羽と繋がりを持つため陸に間を持ってもらおう!よし、3Pでみんな幸せだ!!
確かこんな感じでした!意味わかりません\(^o^)/

未喜ルート
自分を大切にしてくれてるのは嬉しいけど自分のために時間を使うのではなくお兄ちゃんにはお兄ちゃん自身の時間を使ってほしい未喜ちゃん。
面白くはなかったけどまぁ普通に読めたシナリオ。

藍里ルート
バドで手を壊してしまう未来が確定している藍里。
そこにもう一度勝負してほしいと申し込むために現れるライバルの矢本さん。
もうバドはやめたからと断る。陸は本当に諦めていいのかと問い詰めると本当は矢本さんと勝負したかったと告げる。
時間を巻き戻して左手で練習して勝負に挑むことに。
勝負には負けてしまうけれど最後まで抗います。熱血でしたねー。なかなか面白かったです。

詩乃ルート
これが全てです。このルートやらなかったら意味がありません。
ゆめ、未喜、藍里ルートをやらないとこのルートは解放されません。
しんどいですが詩乃のために頑張りましょう(
ある日が来ると必ず死ぬ未来を迎える詩乃。死ぬ前にやり残したことがあったことを知る。
時間を巻き戻して詩乃がやりたかったことを叶えてあげることに。
やりたかったことは7つ。7つめは6つ叶えたら教えるとのこと。
やりたかったこと6つ「恋愛がしたい」「親孝行がしたい」「海に行きたい」「部屋を片付けたい」「お世話になった人にお礼を言いたい」「一日中遊びまわりたい」が書かれたリンゴ型のメモをもらいます。
叶えるごとに達成の意味で線を引いていくことに。
1つずつ叶えていき…詩乃が倒れて病院で会話する日々、そして死ぬ前に告げられる真実。
引き出しを開けてほしいと頼まれてあげると自分が持っているメモと同じメモが。
しかし1つだけ違うのは「恋愛がしたい」に線が引いていない。無意識のうちに陸は昔好きだった、自分と似た境遇の、助けることができなかった漣さんを見てたと告げる詩乃。
できない私が、くり返す。

ここの詩乃の目が死んでるところが怖い。鳥肌立ちました。
そして詩乃が亡くなった後藍里から手紙を受け取るのですが、そこには感謝の言葉…そして
できない私が、くり返す。2

そしてあの演出!鳥肌立ちました(2回目)
時間を巻き戻して5年前に…。
Re:Callが解放されます。この先は自分の目で確かめてください、感動です。

CGはクオリティ高かったと思います!綺麗でした。
テキスト…ギャグは若干滑ってるような…藍里の喋りは気にする人は気にするかも。私は平気でしたが。
BGM良かったです。「XX:Calling」がお気に入り。

ほんっとうに詩乃ルート以外は正直だるかったし、ゆめルートに至っては地雷レベルですがやってよかったです!
詩乃ルートは泣きました…。
主題歌の「Re:Call」は初めて聞いた時からビビッときましたがクリアした後に歌詞を見るとシナリオとリンクしててもうね…。
あと、タイトルの「できない私が、くり返す。」は考えさせられますね。
久々にあかべぇ系列のゲームやりましたがまだまだいけるじゃん!!
あ、噂の『ぼくの一人戦争』は積んでます(震
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。