ゲームの感想書いてます
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年02月19日 (金) | Edit |
✩鎖 -クサリ- (Leaf) ✩ 感想
珠美→可憐→恵4→ちはや→恵3→明乃→恵1→恵2 の順にプレイ。
陵辱ゲー苦手なので吐き気催しながら頑張りましたよっと。
えっちしーんは一回が短いですが痛々しくて辛かった…。
でもだんだんと岸田さんのエンターテイナーっぷりに魅了?され最後の方はそこまで辛くなくなっていた。
慣れって怖い。
おのd…いや中本伸輔さんいい演技してますね。

おおまかに珠美、可憐の姉妹犠牲が月の扉ルート。
明乃、志乃の折原親子犠牲ルートが夜の扉ルートになっています。

珠美ルート、可憐ルート
この2人には正直惹かれなかったので印象にあまり残ってない(
夜の扉ルートで2人ともうざかったw特に可憐のヒステリックさにイライラさせられた。友則にヤられた時は正直ザマァと思った(

ちはやルート
実妹万歳!近親相姦が受け入れられない日常世界なんかより今のこの異常世界の方がいいという考えのちはや。
あの生き残り方はやばい。
お互いの尿を飲みあう…やばい。
ここまで徹底してお兄ちゃん大好き妹っていいよね、実妹万歳。
漁船に助けられたあとも岸田さんと同じように生きていくのかなぁ…どうなんだろう。
「天国って地獄の底にあるんだね」このセリフが印象的です。

明乃ルート
月の扉で散々な目に合う豚ちゃん。
パッケージにでかでかと描かれているのでプレイするまではメインヒロインだと思っていましたが違うんですね。
周回してると「あー、しーきゅーしーきゅー。あてんしょんぷりーぶ、ほんじつはせいてんなりなり」が懐かしくなりますね。
それにしても役立たずっぷりぱねぇ。
かわいいんだけどなぁ、いまいち空気読めてないよねこの子。

恵ルート
真のヒロイン、だと思う。この子だけでEND4つもあります。
優遇されて…いや、この子だけでどのルートでも絶対犯されるんですよね…。
最初に岸田さんに犯されて協力者となって、自分が生き残るには、助かったあとの元の生活を守るためにどうすべきか一人で抱え込んで行動する恵。
ENDのひとつの「やっぱりまた会いに行くわ」がホラーすぎるw岸田さんverもホラーだったけどw
「カタギリメグミイマセンカ」もホラーですねー。

恭介(主人公)
頭がいいし強い。ヒロインに疑われつつも守ると奮闘する姿がよかった。
でもたまにイライラさせられる発言もあった。

友則
クズ、クズ、キングオブクスズ。
美少女ゲームやっててこんなクズな親友みたことない。マジいらいらした。
面白いキャラでもないし、ほんとさぁ…。

岸田さん
名言が多すぎる。最初はヒロインたちに酷いことしてひどいやつ!!って思ってたのに
台詞が面白すぎて岸田さんに愛着が湧くという謎の感情が生まれてしまった…。
なぜ人を殺したり陵辱することになったのかもちゃんと書かれています。
岸田さんにもいろいろあったんですよ…。
気になる方はぜひゲームの方をプレイしてみてください。
名言色々とあるけど
「自分が物語みたいな恋をするとでも思っていたか?白馬の王子様が迎えに来ると?ははっ!!白馬の王子様にだってペ○スくらいあるけどな!!」
「男同士の勝負に割り込みやがって! ち○ぽ生やして出直して来い!」
「しばらく筋肉で会話と以降じゃないか、少年。」
などなど。岸田さんの悪役っぷりしゅごいの。

BGM・主題歌
BGMは全体的にクオリティが高く特に「ATLANTIC WAVE」「LUST CHAIN」「SYNCHRONICITY」が好きです
。前二つは主にえっちしーんで流れてた気がするw後ろ一つは疾走感があって良い。サントラが欲しくなりますね。
OP「睡蓮」、ED「星座」どっちもいい曲ですが星座は本当に良い曲ですね。歌詞も本編に合ってます。
ゲームする前から知っていた曲ですがより好きになりました。特に星座はクリアしてから聴きまくっている。

総評
かなり楽しめました。
最初はほんっとうに陵辱苦手なので途中で挫折するのではないかと不安もありましたが、先が気になるシナリオにぐいぐい引き込まで最後まで楽しめました。最後までちゃんとやって良かった。狂気ゲー好きだしね。
船上ミステリーというところもGOOD。
ただたまに主人公やヒロインたちが緊張感のない発言をしたりするのでそこはちょっとマイナスかな。
お気に入りキャラはちはやと恵と岸田さん





✩恋する乙女と守護の楯 (AXL)✩
DMMセールの誘惑に勝てず結局滑り込みで買ってしまった。

✩ヴァルプルガの詩(3Daisy)✩
トラ、リュウ、兄クリア。残すは志賀くんのみ。
トラルート本当にこいつら真剣に戦ってるのか?って疑問を抱きつつプレイ。
それに比べるとリュウは楽しめました。
虎ルートと比べると自分のコンプレックスなど内面についてもちゃんと描かれていました。
兄は「姫」呼びに慣れなすぎて…。
全体的に恋愛過程が薄くてちゃんと描かれていないので「好き」ってなっても、えっいつからそうなったの?って感じで急でした。
あとエピローグの突然のエロ描写はやめていただきたいw腹筋が崩壊するw
絵師&ライターが三国恋戦記コンビだったので肩透かし食らった感じです。
志賀くんルートはどうなんだろうか、楽しめるといいなぁ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。